ブラウンのシルクエキスパートでムダ毛のお手入れが楽になりました

子供の頃から毛深いことが悩みだった私。毛深くないからといっても、女性はいくつになってもムダ毛のお手入れをしなければいけません。いつまでカミソリで剃らなきゃいけないの?って思いませんか?
そんな私が、ブラウンの光美容器シルクエキスパートを使い始めたら、ムダ毛のお手入れがとても楽になりました。

年齢とともにワキ毛の剃り残しが出てきたのがきっかけ

肌を出す季節になると今までずっとそうしてきたように、私はムダ毛のお手入れをT字カミソリでしていました。若いころは、足、腕、ワキ、そして水着を着なければならない時はアンダーヘアもカミソリで剃っていました。

年齢とともに肌の露出も減り、足や腕のムダ毛はあまり気にならなくなったのですが、ワキ毛というのは年を重ねても気になるものです。ワキ毛もカミソリで剃っていたのですが、私の場合、痩せてしまったせいかとても剃りにくくなってしまいました。

ワキ毛を剃るときに、お手入れする方の腕を上げますよね。そうするとワキの真ん中あたりにくぼみができてしまうのです。だから、そのくぼみの部分に剃り残しができるようになってしまいました剃り残しがないように何度もカミソリを当ててしまうので、肌が傷付いてヒリヒリすることもありました

シルクエキスパートを使用してみました 

そんな話を家電オタクの夫に話したら、シルクエキスパートがいいんじゃないかと調べてくれ買うことにしました。でも、「自分で脱毛なんてできるの?」とか「痛いんじゃない?」と私は半分疑っていました。

夫は自分ですすめたこともあってすぐに試していました。腕の毛の一部をシルクエキスパートでお手入れしていました。男なのでかなり剛毛です。でも、何回か使用するうちに、「生えてこなくなってきた」と言っていました。この時点でも私は半分疑っていました(笑)。

でも、夫の効果を見て、私も意を決してワキに使ってみました。10月の初め頃です。
まず、いつものようにお風呂でワキの毛を剃っておきます。光美容器の電源を入れるとウィーンと音が鳴ってすぐに始められます。ON/OFFのスイッチはありません。そして、光美容器をワキ(肌)に当て、横のLEDライトが光ったらボタンを押すだけです。

ボタンを押すと、カシャッと音がしてフラッシュが光ります。ちょっとだけチクッとした痛みがありますが、針でチクッと刺したくらいの痛みです。あと「熱い」という感覚がありますが、我慢できないものではありません。まんべんなく、脱毛したい部分にフラッシュを当てていきます。

1ヶ月使用した頃に効果を感じ始めました 

1週間に1回の使用と取扱説明書にあったのでその通りに使用しました。私の場合、1ヶ月経った10月下旬頃に「あれ?生えてこない」という実感がありました。さらに1ヶ月使用しましたが、まばらに毛が生えてくるという感じでした。たぶん、フラッシュの当たらなかった部分の毛が伸びてくるのだと思います。まんべんなくフラッシュを当てたいところですが、窪みもできるし見えづらい場所でもあるので、フラッシュの当たらない部分も出てしまいます。

手で持つとこのくらいの大きさです。

ですから、腕や足などの平らで見やすい場所はお手入れがしやすいと思います。 

ムダ毛のお手入れがとても楽になりました

小まめにお手入れをしているうちに、気にならなくなってきて光美容器を使わなくなりました。もちろん、カミソリでワキのムダ毛を剃ることもありませんでした。でも、最近になって(約2ヶ月後)、また少しまばらに生え始めているのに気づき、またシルクエキスパートを使い始めています。
取扱説明書には目立たなくなってきたら必要に応じて1ヶ月に1度くらいの使用とあります。剃ることを考えたらムダ毛のお手入れがとても簡単になりました!ムダ毛のお手入れってとっても面倒で、頻繁にやらないといけないですからね。そして、なにより肌を傷つけることがないというのがとてもうれしいです

もちろん、永久脱毛ではありませんので、定期的のお手入れが必要です。現在の電化製品の技術はこんなに進歩していたんですね。「こういうのが若いころにあったらなぁ」と思います。だって、若い頃の方が肌を露出する機会が多かったですからね。顔も試してみたいのですが、シミやほくろのある部分は当てられないようなのでやっていません。

【追記】最新モデルにはアタッチメント付き!

最新モデル(2019年9月現在)には、アタッチメントが付いていて細かい部分のお手入れがやりやすくなっているようです。顔など細かいところのお手入れにはアタッチメントがあった方がゼッタイ使いやすいと思います。

タイトルとURLをコピーしました