オーブンレンジでふわふわの米粉パン(グルテンフリー)が焼けました

以前、ホームベーカリーで米粉パンを作りました。

ホームベーカリーで初めてグルテンフリーの米粉パンを焼いてみました
ホームベーカリーで米粉100%のパンを焼いてみました。パン用の米粉「ミズホチカラ」を使い、ホームベーカリーの米粉パンコースで焼きました。できあがりは、上の部分が陥没し、耳の部分はかたくなりましたが、中はもっちりとしたパンになりました。

その後、米粉パンのレシピの検索をしていたらこちらのレシピを見つけました。

米粉専門教室「hiro-cafe」が話題沸騰中!作業時間10分で作れる米粉パンとは? | くらしのアンテナ
小麦粉に含まれるグルテンが含まれてないため、アレルギーが起こりにくく健康やダイエットによいと、昨今注目を集めている米粉。元々、日本では和菓子の材料として使われてきましたが、製粉技術の向上により、パンやケーキ、麺など、幅広い用途で使われるようになってきているんです。今回は、その米粉を使った話題のパン教室を主催する高橋ヒロ...

材料をボールで混ぜて、型に入れてオーブンで焼くレシピです。
今回はホームベーカリーは使いません。
材料はこのレシピの倍量で作ってみることにしました。

グルテンフリーの米粉パンをパウンドケーキ型で

材料(パウンドケーキ型18×8.5×8.5cm)
  • 米粉(ミズホチカラ) 200g
  • きび砂糖 10g
  • ドライイースト 3g
  • 塩 3g
  • ぬるま湯 170cc
  • オリーブオイル 10g

量も多くして、うちのオーブンレンジが古い(15年くらい?前のもの)こともあって、発酵時間、焼き時間もそれぞれ5分くらい増やしてみました。

ケーキを作るように材料を混ぜるだけ

粉類は泡立て器でよく混ぜておく。水とオイルを入れたらゴムベラで生地をなめらかになるまでよく混ぜる。トロトロと垂れる生地です。

オーブンの発酵機能を使って約35分くらい発酵させました。 

一応、発酵前(左)と発酵後(右)。なんとな~く(笑)ふっくら発酵しています。 

ふわふわできめ細やかな米粉パン

クッキングシートとアルミホイルをかぶせて、160℃で20分、200℃で20分、アルミホイルを取って20分焼きました。(ちょっと長かったかな?)

そして焼き上がり!

米粉パン オーブンレンジ
ふわふわの米粉パン

焼き上がって型から出すときに、生地がふわふわと柔らかいのがわかりました。
色もほんのりと淡い色が付いて、ヒビは入ってしまっているけど、なかなか美味しそうに見えます^^。

できあがりサイズは、17×8×6.5cmと小さめです。

キメが細かいです

冷めるのを待って切ってみたら、この前のホームベーカリーで焼いた時とは違って、小麦粉のパンに近いふわふわ感がありました。

そして、キメが細かい!

まわりの耳の部分はカリカリしていますが、中はふわふわです。「お~!」と感動してしまいました。香りもイースト臭がしません。やわらかいのでついつい食べ過ぎてしまいそうです。やはりオーブンで焼く方がパンはおいしくできるような気がします。

カットしたパンは一つずつラップに包んで冷凍保存。電子レンジで解凍してからオーブントースターで焼くと周りはカリカリ、中はふわふわの状態で食べられます。 

ちょっと手はかかるけど美味しい米粉パン

ホームベーカリーなら材料を入れてスイッチを押すだけですが、こちらは混ぜて発酵させて時間を見たりと少々手間がかかります。でも、小麦粉のパンのようにこねるということはなく、混ぜるだけというのは簡単でした。

パン専用の米粉は手に入りにくいので小麦粉のパンも食べていますが、米粉パンもおいしいですよ!

タイトルとURLをコピーしました