『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』は書店が舞台のミステリー小説

書店

Amazonのkindle unlimitedで大崎梢さん『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』を読みました。
ジャンルは、本屋さんを舞台にしたミステリーです。5話の短編小説集です。

配達あかずきん 成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)

『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』について

『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』の単行本は2006年5月に、文庫本は2009年3月に東京創元社より発行されています。

物語の舞台は、駅ビルにある成風堂せいふうどう書店。そこで店員として働く杏子きょうこと大学生でアルバイトの多絵たえが、客との間に起こる事件の謎を解いていく。

著者、大崎梢さんについて

著者の大崎梢おおさきこずえさんは、東京都出身の元書店員。2006年にこの『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』で小説家デビューされたそうです。

読んだ感想

短編ミステリー小説なので、読書が苦手な私でも読みやすく、先を知りたくて次へ次へと読み進めたくなりました。
杏子と多絵のコンビのやりとりも楽しいし、本屋さんの舞台裏も描かれていてワクワクしながら読めました。
話の中に、実在する本の題名が出てくるので、その本も読んでみたくなります。

5話の中で私が一番よかったなと思ったのは、2話目の「標野しめのにて 君が袖振る」です。
成風堂で本を買ったあとに行方不明になってしまった母親の行方を探している娘と、母親が買い求めた本に関わる謎を解明していきます。謎解きの部分がよかったというよりも話のラストがよかったです。

ミステリーなので、その謎が解かれていく過程が楽しいので、あまり多くを語らない方がいいですね^^。

『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』はシリーズもの

この『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』はシリーズになっていて、『晩夏に捧ぐ(成風堂書店事件メモ(出張編))』、『サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ』、『ようこそ授賞式の夕べに(成風堂書店事件メモ(邂逅編))』があります。
最後の『ようこそ授賞式の夕べに』は、大崎梢さんの他の著書、出版社の営業マンが主人公のシリーズとの合体作品のようです。
このシリーズを全部読んでみたいです。

タイトルとURLをコピーしました